日本でも1日4人増加

日本でも1日4人増加HIVとエイズの概要感染ルート感染確率検査体験報告自宅検査セット

日本でもHIV(エイチアイブイ)やAIDS(エイズ)という言葉をみかける機会が多くなってきました。
エイズは同性愛者の病気、遠い貧しい国で蔓延している病気、先進国の日本では関係ない病気だと思い込んでいる日本人が非常に多いです。そのため、間違った知識で予防したつもりになり、日本国内でウィルスに感染してしまうケースが増えています。また、感染してしまったら治療はできない、すぐにでも死んでしまうというような間違った思い込みをしている日本人も多いです。

【PR】自宅でHIV・エイズ・性病検査

きちんと薬を服用していれば、エイズで死ぬということはありません。エイズで死んでしまうのは、薬が買えない貧しい国の人たちだけです。もしHIVに感染してしまっていても、早期に発見できれば、HIVが体内で増殖するのを抑えることができるので、死ぬことはないのです。
しかし、HIV感染検査をせずに発見が遅れれば、体内の免疫がどんどん破壊され、普通に生活している人が絶対にならないような病気で死んでしまう危険性があります。

HIVに感染しているかどうかを見た目で判断することはできず、検査でしか発見することはできません。日本では検査を義務化していないために、HIV感染者が急激に増え始めています。
2008年11月19日、厚生労働省はHIV感染者とエイズ患者数が過去最高を記録したと発表しました。新規に発見されたHIV感染者とエイズ患者の合計は413人で、1985年統計開始以来、累計で15,000人を突破したことになります。この413人ですが、1年間ではなく、なんと約3ヵ月(2008年6月30日から2008年9月28日)の間に見つかったというから驚きです。※2014年5月現在では、累計で23,000人を超えています。

今回の増加のペースがこのまま続くと、1年(12ヵ月)で1,652人も増加することになります。これは、1日に4人以上が感染、またはエイズを発症しているという計算になります。もし、自分がHIVに感染しているかもしれないと思ったら、勇気を出して検査を受けてください。

【PR】自宅でHIV・エイズ・性病検査

日本でも1日4人増加HIVとエイズの概要感染ルート感染確率検査体験報告自宅検査セット

更新日: