HIVとエイズの概要

日本でも1日4人増加HIVとエイズの概要感染ルート感染確率検査体験報告自宅検査セット

HIVとエイズを混同してしまっている人が多いので整理しましょう。

HIVの読み方は「エイチアイブイ」で、英語では「Human Immuno-deficiency Virus」が正式名称、日本語では「ヒト免疫不全(めんえきふぜん)ウイルス」と呼ばれています。インフルエンザと同じでウイルスの一種で、人間であれば、誰もが感染する可能性があります。

AIDS読み方は「エイズ」で、英語では「Acquired Immuno-deficiency Syndrome」が正式名称、日本語では「後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)」と呼ばれています。

HIV(ウィルス)が人間の体内に入ると、人間にとって悪い菌に抵抗する力(免疫力)をコントロールしているT細胞に入り込んで増殖を開始します。HIVはT細胞自体を破壊します。T細胞が破壊されるということは、病気などに抵抗する免疫力を破壊されるということです。

HIVはT細胞を次々と破壊します。この繰り返しによって体内のT細胞が減少し、人間の免疫力はどんどん低下していきます。その結果、カポジ肉腫や悪性リンパ腫など悪性腫瘍に侵されてしまいます。免疫力低下により、普通の人ならかからない病気を発症した状態がエイズ(AIDS)です。

ちょっとよくわからない・・・という方はHIVは自覚症状が無い段階、エイズは何かしらの病気が発病した段階と覚えておいてください。 HIV感染からエイズ発症までの期間は人によって全然違いますが、発症までの経緯は大きく5段階に分けられています。

【PR】自宅でHIV・エイズ・性病検査

[1]急性期

HIVに感染して数日から数週間の間に風邪のような症状になる人がいます。 性行為から3日後に喉が腫れましたがエイズですか? 1週間微熱が続いているのですがHIVに感染したのでしょうか? という質問や書き込みが多いのはこのためです。 ですが、ほとんどの人は症状がでません。

[2]無症候期

何も症状が出ない期間です。人によって個人差が大きく、数ヶ月から数年の間続きます。

[3]PGL期

全身のリンパが腫れて、風邪のような症状になります。また、疲れが抜けず、倦怠感が続き、体重の減少が始まります。 PGLとは「Persistent generalized lymphadenopathy」の略で、日本語では「持続性全身性リンパ節腫脹」といわれています。

[4]ARC期

急激な体重減少(2ケ月で10%以上の減少)、激しい頭痛、異常な発疹、舌に白い斑点などの症状がでます。また、神経にも症状がでてくるため精神異常を起したりします。 ARCとは英語の「AIDS related complex」の頭文字をとっていて、日本では「エイズ関連症候群」と呼ばれています。

[5]エイズ期

全身に褐色の斑点が出現し、斑点は内臓にまで広がります。免疫力がほとんどなくなっているため、カリニ肺炎やカポジ肉腫など様々な病気に感染して亡くなることがあります。下の画像はカポジ肉腫です。

カポジ肉腫

こうなってしまうと、もはや手遅れで、手の施しようがありません。
そのため、ちょっとでも疑わしい性行為を行ってしまった場合、HIV検査をして、一刻も早く治療を開始する必要があるのです。

【PR】自宅でHIV・エイズ・性病検査

日本でも1日4人増加HIVとエイズの概要感染ルート感染確率検査体験報告自宅検査セット

更新日: