自宅検査セット

日本でも1日4人増加HIVとエイズの概要感染ルート感染確率検査体験報告自宅検査セット

今までに危険行為(生での性行為等)をしたことがあるのであれば、一度、HIVの検査を受けたほうが良いです。しかし、保健所に行きたくても時間的に行くのが厳しいという方、距離的に難しい方、知り合いがいるかもしれないから行きたくない方、本当に誰にも知られたくない方、不安で今すぐ結果が知りたい方、いろんな人がいると思います。

そんな方のために自宅でHIVの検査を自分でできるセットがあります。指先をちょっと傷をつけることによって出てくる微々たる血液だけで、陽性か陰性かがすぐにわかります。とりあえず検査キットで検査してみるのも1つの方法です。1回テストして陰性、3ヵ月後ぐらいに再度テストして陰性ならまず感染していないと思われます。もし検査で陽性だった場合、すぐに保健所、または病院に連絡をとってください。適切な処置を施してくれる病院を紹介してもらえます。また、やけになって不特定多数の人と危険行為をすると違う種類のHIVに感染し、手の施しようがなくなります。実はHIVには1型、2型と二種類あります。どちらかであれば薬でエイズの発症を抑えることができますが、両方に感染してしまうと、発症を抑える方法がなくなります。

陽性の方には申し訳ないですが、私は陰性だったので、本当にラッキーでした。ただ、私たちは人間で本能的にどうしてもセックスをしたくなってしまいます。そんな時は必ずコンドームを使いましょう。挿入時だけつけるのでは意味がありません。オーラルセックスでも感染しますので、最初から最後まできっちりコンドームを使わないと、感染の可能性をゼロにすることはできません。コンドームをつけることは恥ずかしいことではありません。自分を守るだけでなく、相手を守ることにもつながるのです。ただし、コンドームが破れてしまうかもしれないというリスクは覚悟しないといけません。

【PR】自宅でHIV・エイズ・性病検査

また、風俗ならきちんと女の子を検査していると言っていますが、全く信用できません。仮に1ヵ月に1回、必ずチェックしていたとしましょう。ですが、チェックを受けた翌日にその女の子が感染した場合、検査結果にHIV反応が出るのは2ヵ月後です。
その間、誰かと性行為をしていたら、その相手が自分だったらアウトです。どうしても生でSEXしたかったら二人で医療機関に行って、検査を受けてからするというのが正しい選択です。お互いに陰性ならどんなことをしても感染しません。どうか自分の周りの人を守るためにも検査は必ず受けてください。自分の身勝手な行動で、知らない間に大切な人を傷つけている可能性があります。HIV感染の可能性をいくら議論していても、可能性がゼロになることはありません。10%でも、1%でも、0.1%でも、可能性があると言う事実を覆すことはできないのです。少しであろうと危険行為は危険行為、感染の可能性があるということをまずは自覚してください。いろいろなサイトの掲示板に書き込んで、いろんな人に意見を求めても何も解決しません。検査を受ける以外にHIV感染の可能性を0%にする方法はないのです。

検査は簡単です。金額も法外ではありません。これから結婚を考えている方はお互いに安心して結婚できるように、二人で検査することを強くおすすめします。相手に検査を断られたらやましいことがある証拠です。お互いを本当に大切だと思うなら検査を受けるでしょう。何度も言いますが、HIV感染の不安から解放されるためには、検査を受ける以外に道はありません。いますぐ勇気を出して行動に移してください。あなたの勇気ある行動だけが、日本のHIV感染拡大を防ぐことができます。

【PR】自宅でHIV・エイズ・性病検査

日本でも1日4人増加HIVとエイズの概要感染ルート感染確率検査体験報告自宅検査セット

更新日: